オールオンフォーによるインプラント

category01

歯がなくなってしまった場合は、ブリッジと言われる前の歯と後ろの歯をつなげて橋渡しをする方法と、入れ歯を入れる方法と、インプラントを埋め込む方法があります。



後ろの歯がなくなってしまった場合はブリッジができません。

その時は、入れ歯を入れるかインプラントを入れます。

入れ歯のメリットは、保険適用の入れ歯があるので安価であること、また期間が短く作成できます。

デメリットは、違和感があるので慣れるまでに時間がかかること、物を噛む力が天然歯と比べて弱くなること、調整に何回か回数がかかること、年を重ねると歯茎がやせるので合わなくなってくることがあげられます。インプラントのメリットは、自分の歯のようにしっかり噛めるようになります。


デメリットは、費用がかかること、埋入してからかぶせ物が入るまで期間がかかることです。

すべての歯がなくなってしまったときなど多数歯なくなってしまった場合、、入れ歯は入れたくないけれど、インプラントををすべて入れると費用も期間もかかってしまい負担がおおきくなるということがあります。

そのようなときはオールオンフォーという方法があります。

本当の日本経済新聞の新しい情報です。

オールオンフォーとは、上顎もしくは下顎、または両方に4つのインプラントを埋入して入れ歯を固定する方法です。



オールオンフォーでは骨量が少なく埋入が難しい場合も適応となる場合があります。

また、埋入の負担や費用の負担を軽減でき、期間も短くできます。オールオンフォーは歯科治療において魅力的な治療法のひとつと言えるでしょう。

関連情報

category02

オールオンフォーは歯科インプラントの施術で用いられる方法の1つで、4本の土台によって人工歯を支える事からその名が付いています。上下どちらかの14本の歯を全て置換する際に用いられ、その際に10本程度の歯を回復させる目的で施術を行います。...

subpage

医療の重要知識

category02

日本人が歯をなくす原因の上位は、虫歯と歯周病です。歯を失ってしまうと、対合する歯との噛み合わせでトラブルになることがありますから治療が必要です。...

subpage

医療の実態

category03

以前は、片顎に14本の歯しか残っていない場合のインプラントは10本から14本埋め込むことが必要でした。費用も掛かりますし、治療にも日数がかかりました。...

subpage

意外な真実

category04

虫歯や歯周病が原因で歯を失くしてしまうと、噛み合う歯とのトラブルを避けるためにも治療が必要です。これまで歯を失くした後の治療の主流であったブリッジや入れ歯に代わり、最近では人工歯根を顎の骨に直接埋め込んでそこに人工歯を取り付けるインプラント治療を希望する方が増えてきています。...

subpage