4本のインプラント体で支えるオールオンフォー

以前は、片顎に14本の歯しか残っていない場合のインプラントは10本から14本埋め込むことが必要でした。

費用も掛かりますし、治療にも日数がかかりました。しかし、今では研究や開発が進み4本のインプラントでもすべての歯を支えることができるようになりました。
これがオールオンフォーと呼ばれる由来です。

この方法は欧米で普及してきている治療方法です。

インプラントの数が減ったことから費用も時間もかからずに済むようになりました。オールオンフォーは治療の負担を減らしてくれます。



治療を受ける患者の腫れも少なくて済みます。
あごの骨が薄い場合は大掛かりな骨の移植が必要でしたが、オールオンフォーでのインプラントならばその必要がないので患者の痛みや精神的な苦痛が軽減されます。

Yahoo!知恵袋情報を利用しましょう。

費用の面から見ても以前よりも抑えることができるようになりました。
治療の際にレントゲンを撮り、どこに何本のインプラントを埋め込むかを確認します。
バランスよく埋め込むことですべての歯を支えることができるようにするためです。埋め込んだ後は、その日のうちに仮歯を固定します。



会話や軽い食事も困ることはありません。
技術が進んだことにより、治療を受ける患者の様々な負担が軽くなるオールオンフォーは、歯がなくなってしまった人やあきらめてしまった人にも、また自分の歯で食べられる喜びや見た目の引け目を改善してくれます。

歯が元の状態に戻るので、会話で不自由していた人にも話す楽しさをよみがえらせてくれます。