手術の適用範囲が広いオールオンフォーインプラント

虫歯や歯周病が原因で歯を失くしてしまうと、噛み合う歯とのトラブルを避けるためにも治療が必要です。これまで歯を失くした後の治療の主流であったブリッジや入れ歯に代わり、最近では人工歯根を顎の骨に直接埋め込んでそこに人工歯を取り付けるインプラント治療を希望する方が増えてきています。

その背景には、人工の歯根を顎に直接埋め込むので噛んだ時の力が天然の歯に近い形で伝わって違和感がないこと・人工歯根にはアレルギーリスクの低いチタンが使われていて歯肉の黒ずみなどが起きにくいことといった特徴があります。



またインプラントの治療では、ブリッジや入れ歯のように支柱やバネを掛ける関係で残っている他の歯に負担にならないというメリットもあります。

インプラントの手術方式は日々進化しています。

あなたの探していたOKWaveの情報を求める人におすすめのサイトです。

例えば、総入れ歯からの交換や歯を多く失くしてしまった後の治療では、片顎で最低でも10本程度の人工歯根を埋め込む手術が必要でした。
しかし現在では、新しい手術方法が導入されていて4本の人工歯根をバランスよく手術で埋め込むことで多くの人工歯を支えられるようになっています。



この新しい手術方式がオールオンフォーです。


オールオンフォー手術では、取り付ける人工歯の本数が多くても手術で埋め込む人工歯根は4本なので、手術にかかる時間や痛み・出血、翌日以降の腫れといったいろいろな面で患者さんの負担が大幅に軽減できるという大きなメリットがあります。


またオールオンフォー手術ではオペの適用範囲が広く、従来であれば顎の骨の密度や量の関係で骨の移植や造成が必要な症例でも手術が可能です。