患者さんの負担が少ないオールオンフォーインプラント

日本人が歯をなくす原因の上位は、虫歯と歯周病です。



歯を失ってしまうと、対合する歯との噛み合わせでトラブルになることがありますから治療が必要です。
従来では、歯をなくした後の治療は入れ歯やブリッジが主流でした。
しかし最近では、インプラント治療を希望する方が多くなっています。


インプラント治療では、チタン製の人工歯根を顎の骨に直接埋めてそこにセラミックなどの人工歯を立てます。
そのため噛む力の伝わり方がとても自然で天然歯に近く、快適で違和感が少ないのが特徴です。
また見た目も自然で、歯肉の黒ずみなどが起きにいのも人気の理由のひとつです。


上顎か下顎どちらかの歯全てにおいてインプラント治療をするケースでは、これまでの治療方法では最低でも10本、症例によっては14本の人工歯根を埋め込む手術が必要でした。
しかし現在では、肩顎の骨に4本の人工歯根をバランスよく埋め込む手術を行うことで片顎全部あるいは多くの歯を失った後にインプラント治療ができる方法が開発されています。

このオペ方法をオールオンフォー方式といいます。

goo ニュースに興味ある方、必見です。

オールオンフォーのオペでは、歯の本数に対して埋め込む人工歯根の数が少ないので手術に要する時間が大幅に短縮できます。



また切開部分も少ないため、出血や痛み、翌日以降の顔の腫れなど患者さんの負担も大幅に軽減できる手術です。顎の骨の量や密度が少ないために多くの歯のインプラント手術が困難で骨造成や移植が必要であったケースでも、オールオンフォー方式なら手術可能な症例があります。