オールオンフォー式のインプラント施術について

オールオンフォーは歯科インプラントの施術で用いられる方法の1つで、4本の土台によって人工歯を支える事からその名が付いています。
上下どちらかの14本の歯を全て置換する際に用いられ、その際に10本程度の歯を回復させる目的で施術を行います。
それによって、歯並び等に無理が無く且つ充分な咀嚼力が回復されるという施術になります。


オールオンフォーの利点は、何と言っても土台の本数そのものが従来より少ない事にあります。



全体の施術時間を軽減する事が出来るので患者の身体的負荷が軽減され、伴って施術日の内に仮歯を差し込む事が可能となります。逸早く歯の機能を取り戻せるので、精神的な負担も軽減されるのは魅力的です。

またオールオンフォーでは構造全体の量が少なくなるので、インプラント治療で問題になりがちな費用面の軽減も図る事が出来ます。

こだわりの朝日新聞デジタルに関する良い情報をご紹介するサイトです。

更に土台の埋入部分が少ない事により、しっかりと馴染めば時間経過後のトラブルも少ないと考えられています。



弱点としては1本当たりの土台の負荷がやや大きくなる点で、もし何れかの土台にトラブルが発生した場合においては、他の箇所への負荷の増大・全体の支える力の低下に繋がります。

その為、定期的な検診とメンテナンスはしっかりと受ける必要があります。


また本数が少ないのでしっかりと固着させる事が必要で、埋入する骨が先天的に薄い場合には適用に問題が出る場合があります。
但しこちらについては、近年になってインプラント施術に関する骨造成の技術が進歩しており、時間に余裕を持たせて施術すれば解決可能となっています。